News

伊勢志摩サミットの際に報道関係者の拠点として政府が設置する国際メディアセンター(IMC)の広報スペースの一部に、三重の宝や誇り、三重が持つ日本の素晴らしさを、展示や実演などを通して発信するための拠点として、三重情報館が設置され、アルミ削り出しiPhoneケース「ギルドデザイン×オコシ型紙コラボレーションケース」が採択され、その展示が決定致しました。
Summit.jpg

「三重情報館」にて、 国内外から来県する最大5000人の報道関係者等に向けて、三重の宝や誇り、三重が持つ日本の素晴らしさを発信します。

三重県の地域資源【伊勢型紙】と三重県の先端技術【アルミ削り出し技術】のコラボレーション製品が世界のメディアにお披露目されます。


期 間:2016年5月25日(水)~28日(土)

場 所:三重県営サンアリーナ(伊勢市)に隣接する国際メディアセンターの三重情報館


伊勢志摩サミットの際に報道関係者の拠点として政府が設置する国際メディアセンター(IMC)の広報スペースの一部に、三重の宝や誇り、三重が持つ日本の素晴らしさを、展示や実演などを通して発信するための拠点として、三重情報館を設置した。

弊社商品が朝日新聞夕刊のコラム【気になる一品】に掲載です。(5月10日付)
朝日マリオンの電子版にてもご覧いただけます。
http://www.asahi-mullion.com/column/article/ippin/1582
ショップではタツノオトシゴの形をした「グラスマーカー」(紫、緑、赤、黒の4色、各1,620円)を販売。着物の染め型を手がける伊勢型紙の職人が和紙に一刀一刀彫刻し、目にはスワロフスキーのガラス粒をあしらった。自分のグラスの目印に。本のしおりにも◎。
64606c74992b4d132ff83b3dd0b0782cdc81bb8e.jpg

現在開催中の中田英寿が出会った日本工芸
REVALUE NIPPON PROJECT展@パナソニック汐留ミュージアム
そのミュージアムショップにて販売中です。


会期は6月5日まで
ミュージアムショップ取扱いの商品は陶磁器・和紙・竹・伊勢型紙・漆をテーマに各分野のメーカー・作家たち選りすぐりの商品が並んでいます。
ご来展の記念にお立ち寄りくださいませ。
ブックマーカー25.jpg

お問合せ
パナソニック汐留ミュージアム
TEL:03・5777・8600
http://panasonic.co.jp/es/museum/

1