News

百五銀行 丸之内本部棟に《伊勢型紙》

この度、百五銀行の丸之内本部棟がオープンいたしました。
設計コンセプトは『津の街に三重の伝統文化に根差した賑わいの創出』。
津藩の城址に隣接する百五銀行 丸之内本部棟は、城址の石垣に調和を図る現代的な石張りの低層部としています。

国道23号通りに面したエントランスには、伊勢型紙そのものをデザインに取り入れて、金属板を透かし彫刻した圧巻の大型壁面スクリーンを設置しています。

そのモチーフは藤堂家のお印【蔦-tsuta-】の紋。
人々との繋がりと繁栄を願う【蔦繋ぎ文】を弊社にて伊勢型紙の図案作成・彫刻・デジタルデータ化の提供をさせていただきました。

施工:日本土建・竹中工務店JV
設計:日建設計
471A8967.JPG


12階建てのビルの中には、同行の資料館も新設され、都市景観の調和を重視した中心市街地の活性化に貢献する願いが込められれています。

471A8974 UP.jpg

また 館内一部にはその文様を反映した特別誂えのカーペットが敷かれています。
carpet.jpg


伝統工芸としての伊勢型紙ですが、その活かし方は様々です。
伊勢型紙の真髄はそのデザイン・意匠性にあります。
デザインは生活を豊かにする‼︎』ために活用されれば伊勢型紙の未来は明るいと誇らしく思います。

Tsuta.jpg
ゆかりの文様【蔦-tsuta-】