News

2011.5.24-perfume.jpg

昨日、京都から『調香師』の辻 大介さんが来社されました。

『調香』とは文字通り天然香料を配合する事ですが。
奥がとてつもなく深い。
只単に"あなたの香りを創ります"という薄いものではありません。
相手の好みを訊いたりはするものの 飽くまでそれは単なる相手の好み。
向き合う中で相手の"生い立ち" "現在の体調・精神状態"をどんどんと暴いていきます。

古来 香りは人の心を操ったり、国の存亡をも司る事に使われる事もあったそうです。
そう、学問・科学に裏打ちされた魔術です。

故に、辻さんは香りの知識と経験は当然ですが、凡人の五感を超えた感覚を持ち合わせていらっしゃいます。
そして、何故だか『型紙』に惹かれており、懐かしさすら覚えると仰っていました。

一般的に 視覚はたったの3種類、味覚・聴覚・触覚はそれぞれ50~60種類ですが 嗅覚は1,000種類もあるとの事。
その香りを聴き分けるには知識・経験は元より 天性の素養が必要なのです。

私も調香していただきましたが、詳細はお話する事が出来ません。
少し"身震い"する体験をしました故。

そして、話も弾み 今後『共同で作品をつくり出そう。』という思いも掛けぬ展開となりました。


ともあれ前向きな香りを創っていただいたので、きっと全てが上手く回り始めると信じています。


辻 大介 氏の情報

有限会社 花鏡
http://sakura.bb-west.ne.jp/spr/fenice/

2011.5.24-tsuji-1.jpg

2011.5.24-tsuji-2.jpg

2011.5.01 300.jpg

2011年5月発刊の音楽誌 『音楽と人』

その表紙を飾るTHE YELLOW MONKEY の吉井和哉さんに、OKOSHIKATAGAMIの影がプロジェクトされ
幻想的なイメージを創り上げています。

表紙の他に12カットの写真が掲載され、刊頭20ページの特集となっています。
皆様、ご購読の上ご覧ください。

撮影:Mitsuaki KOSHIZUKA

1